全室源泉かけ流し露天風呂付の宿

のんびり何もしない贅沢、お手伝いします。

伊豆大川温泉 いさり火

空室検索

伊豆大川温泉 いさり火

MENU

いさり火便り

いさり火便り

伊豆大川温泉にある全室源泉かけ流し露天風呂付の宿「いさり火」から
最新の情報をお届けします。

2023年1月8日
日曜日

休館日のお知らせ

 現在、下田は爪木崎の水仙まつりが見ごろを迎えています。
 前回の様子はこちらをご覧くださいませ。→下田 水仙まつり

 甘い香りに酔いしれてみては♪ 

 さて、今月は年明けメンテナンスのため休館日がございます。
 ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

【休館日】
2023年1月17日(火)〜1月19日(木)
1月20日(土)朝9時より通常営業いたします。
どうぞよろしくお願い致します。

2023年1月7日
土曜日

七草粥 (人日の節句)

 本日1月7日は人日の節句。
 日本では江戸時代より、無病息災を願い、春の七草を入れた七草粥を食べる習慣があります。

 春の七草 (セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)

 本年も当館では、ご朝食の一品に七草粥をご用意させていただきました。
 
 

 皆様がコロナに負けず、健康な一年となりますように。

2023年1月5日
木曜日

熱川ポークつみれ鍋

 正月三ヶ日が無事に過ぎ、お料理も通常メニューへと戻りました。

 さて今回は、現在いさり火会席など、お部屋食のお献立でご用意している熱川ポークつみれ鍋をご紹介いたします♪

 熱川ポークつみれ鍋(写真は1名様用)

 熱川ポークとは、お隣熱川温泉の熱川精肉店で販売されている静岡県産の豚肉です。とってもジューシーな肉汁と、くさみがないのが特徴です。

 

 当館では、料理長が、熱川ポークに人参、しょうが、ごぼう、全卵、豆腐、塩こしょうと片栗粉で味を整えて一つ一つ丁寧にお作りしています。
 豆腐を入れることで少しあっさり召し上がれるように一工夫も。

 

 出来上がった鍋の出汁には肉汁が染み込んでいますのでぜひお出汁もご賞味ください。 
 お鍋には、季節のお野菜と鶏のつみれもご一緒に盛り込んでいます。

左の大きなつみれが熱川ポーク、右の小さめのつみれが鯵です。

 寒い冬にあったまる料理長自慢のお鍋をご堪能くださいませ。

 

2023年1月1日
日曜日

謹賀新年 2023

 新年明けめましておめでとうございます
 本年が皆様にとりまして幸多きとなりますようお祈り申し上げます

いさり火のおせち料理

大晦日と元旦の様子を少しお送りいたします。

2022大晦日のお献立

 2022年大晦日。当館から徒歩10分の三島神社では、23時半より地域の代表が集まり、除夜祭が執り行われました

年が明けると、参拝客が訪れ、自分の年齢の数だけ太鼓を叩きます

社殿内の天井

社殿正面の竜の彫刻は、堂宮彫刻師で江奈村の名工・石田半兵衛の傑作とも言われています。

元旦のおせち料理です。

元旦ご朝食のお献立

お雑煮には富士見大根や舞鶴大根、日の出人参が。

出来上がったお雑煮は紅白餅も入ってます。

元旦夕食の盛り付けの様子。

元旦ご夕食のお献立
 
今年もどうぞ当館のいさり火便りにお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

2022年12月31日
土曜日

お車でお越しのお客様へ

この度、お車でお越しのお客様向けに、アクセス(道案内)を作成いたしました。

当館は住宅街の中にひっそり佇むだけでなく、鋭角や、狭い急坂を通ります。また、Googleマップが間違った道を案内することなどから、これまでも迷われるお客様が多くいらっしゃいました。

ご来館の際には是非こちらの道案内をご参考にお越しくださいませ♪

尚、instagramと、Facebookにも同じくアップしております。

<strong>※ 超鋭角は高低差もあり、車を擦ることがありますので、直進し、伊豆大川駅付近でUターンされることをおすすめいたします。</strong></p>
<p><img src=

2022年12月30日
金曜日

年の瀬 2022

 いよいよ今年も残すところ1日となりました。

 館内でもお正月飾りの準備が進んでいます。

玄関には門松が

玄関扉にも正月飾りを。

1階廊下突き当たりには千両の生花が。

フロントには鏡餅。

来年は卯年です

2階へ上がる階段傍には、正月仕様の水仙が良い香りを漂わせています。

厨房では正月特別料理の仕込みで大忙しです。こちらは大晦日と2日夜にご提供予定のアブラボウズ。

30日に届いた立派な氷見ブリと北田料理長

雑煮に入れる日の出人参、舞鶴大根、富士山の形をした富士見大根。

 今年もあわただしい年末となりそうです。
 本年もいさり火便りをご覧くださりありがとうございました。
 どうぞ良いお年をお過ごしくださいませ。2023年が皆様にとって良いお年となりますように・・・。

2022年12月29日
木曜日

②ドリンクメニュー一覧(2023/2/18)

 「2023年3月17日改訂ドリンクメニュー」はこちら → ドリンクメニュー202303

2022年12月26日
月曜日

2023年いろりダイニング 年間予定

 2023年、いろりダイニングを彩っていただくアーティストのご紹介です。

2023年 いろりダイニング ディスプレイ年間予定

 1月 七宝家・前田裕子氏 「七宝焼」
 2月 鉄彫刻家・前野悦子氏 「鉄彫刻」
 3月 染織家・石丸みどり氏 「染織物」
 4月 彫金家・岡原有子氏 「彫金」
 5月 画家・くぼやまさとる氏 「水彩画」
 6月 陶芸家・石谷真美氏 「陶芸」
 7月 陶芸家・中泉秀美氏 「陶芸」
 8月 鍛金家・仲村渉氏 「彫金」
 9月 墨水画工・由三蔵氏 「墨水画」
 10月 陶芸家・鈴木秀昭氏 「陶芸」
 11月 古流・前田理裕氏 「生け花」
 12月 古流・前田理裕氏 「生け花」

 予定は変更となる場合もございます。
 2023年もいろりダイニングをよろしくお願いいたします。

 

2022年12月26日
月曜日

2023年 1月いろりダイニング 七宝家・前田裕子氏「七宝焼」

 少し早いですが、いろりダイニングは2023年1月バージョンに切り替わりました。

 2023年最初のいろりダイニングのディスプレイを飾っていただくのは伊東市出身・在住の七宝家・前田裕子氏による「七宝焼」です。

 七宝水指「凛」

 七宝焼とは、金や銀、銅といった金属の器に、ガラス質の釉薬(ゆうやく)を塗り、宝飾的な模様を作り高温で焼く技法と、その装飾品のことを指し、”七宝焼”、”七宝工芸”とも呼ばれます。

 今年1月に七宝家・中尾さやか氏の七宝焼をご紹介しましたのでこちらご参照くださいませ♪
 →2022年1月いろりダイニング 七宝家・中尾さやか氏

 『桜花文七宝茶碗』

 煌びやかで美しい焼物の世界が広がっています。
 
有線七宝水指「泡沫」

 ダイニング食のお客様は、日本の伝統工芸を愛でながら料理長自慢のお料理をダイニングでぜひお楽しみくださいませ。

【前田裕子氏 プロフィール】
1955 静岡県伊東市生まれ
1987 九鬼英子氏に師事
1992 静岡県美術工芸展 奨励賞 受賞
1995 東海伝統工芸展 入選(以後入選多数)
1997 日本伝統工芸展 入選(以後12回入選)
1998 伊豆下田了仙寺 個展(以後3回展示)
1999 伝統工芸七部会展 入選(以後2回入選)
2005 浜松・ギャラリー風蘭「ふたり展」
2006 日本工芸会正会員認定
2007 愛知県あま市七宝町アートヴィレッジ企画展
   「工芸作家七宝作品展」
2008 静岡カントリー浜岡コース「伝統工芸作家五人展」
2011 伊豆高原ミュージアム感無料展示
2013 アフリカンアートギャラリー「8人の作家たち」
2014 伊豆高原ギャラリーZERO「5人の作家たち」
2016 伊豆高原ギャラリーZERO「前田裕子展」
2018〜2022 伊豆高原五月祭「5人の作家たち」
       2023年も参加予定
現在 日本工芸会正会員 アトリエ釉主宰

2022年12月26日
月曜日

レモン酒漬けました♪

 先日は大川産レモンを使ったメニューをご紹介いたしました。以前の投稿はこちら→大川産レモン

 今回はその大川産レモンを使って料理長がレモン酒を漬け込みました。

 自家製レモン酒

 料理長の自家製果実酒は全てブランデー仕込みで、今回のレモン酒も同じくブランデーを使用しています。

 現在は、敷地内で採れた梅、大川で採れた紅甘夏、大川で採れた伊豆の柑橘ニューサマーオレンジの3種類の果実酒をご用意しております。
 ニューサマーオレンジ酒がなくなり次第、レモン酒のご提供スタートの予定ですのでお楽しみにお待ちくださいませ♪

宿泊日 Arrival

未定
大人 Guests

小人

宿泊数 Nights